スキンケア改善。シミに有効な美白成分

 シミに出来る自宅ケアというと、やはり化粧品。
 けれど、化粧品を使うとなれば有効な成分をふんだんに含んだものを選んで使う事が改善への秘訣へと繋がります。
 しかし、出来てしまったシミを元通りのキレイな状態のお肌に戻す事はとても困難です。
 長期戦になる事を頭に入れておく必要があります。

 

シミに効果が期待できる成分を紹介

 シミや美白に対する有効成分で有名なものというと、アルブチンが主に挙げられるでしょう。確かにアルブチンはシミに対してとても優秀な活躍をしてくれる事が期待出来ます。
 アルブチンとはそもそも、コケモモや梨、ウワウルシなどの植物に含まれている天然由来の成分。化粧品美白成分の中で最も安全だと言われている程、信用が厚いものです。
 シミを作るメラノサイトが分泌するチロシナーゼを抑制してくれる効果が高く、穏やかな恩恵をもたらしてくれるとも言われています。

 

 また、その他に挙げられるものというと、ハイドロキノン。
 シミのみならずしわ等にも有効とも言われ、医療シーンでも実際に多く用いられているほど強い効果のある有効成分です。
 こちらも、アルブチン同様にメラニン色素の抑制をしてくれますが、ハイドロキノンの凄い所というと『俗に言う一般的な美白成分の100倍の効果がある』とも言われている程に強力な所でしょう。
 確かに、このハイドロキノンを用いた美白ケアでシミが改善されたという報告例は最も多く聞ける程です。しかし、注意すべき点としてやはりあまり安価なものですと効果が薄い事や、品質が劣ってしまう事からシミをかえって濃くしてしまう事もあるようです。
 また、副作用として肌が荒れてしまったり、ムラ状に白くなってしまった等の例もあるそうですが、禁止された配合量を超えた化粧品を用いて起きてしまった事のようで日本では心配の無いケースのようです。

 

 他にもエラグ酸やルシノール等の成分も挙げられますが、やはり最も注目がある成分というとハイドロキノンが美白においてはトップクラスです。やはり100倍という言葉は過言では無いようです。

 

 

今日からはじめるシミ対策と美白ケアトップへ戻る