夏以外にも実践したいシミ予防対策

 紫外線が1年を通して、空から降り注いでいる事は常識かと思います。
 けれど、最も紫外線が強い時期というと、5月〜8月の初夏から夏が最も強いと言われていますね。
 恐らく皆さんが美白ケア・紫外線対策を集中的に行うのはこの時期かもしれません。
 しかし、『紫外線は1年を通して降り注いでいる』この事実を忘れていませんか?
 そうです。シミを防ぐ土台作りに最も重要な美白ケア、これは1年を通してトータル的に行う事が重要な事を忘れないで下さい。
 夏季のみに美白ケアを行う事は、一時的なものです。冬でも確実にシミを作るリスクを高めている事は事実です。
 シミと密接な関わりをするメラニン色素は確実に肌の中で”隠れシミ”を育てている事実を忘れないで下さい。
 けれど、人間の身体は日光を浴びないと健康な骨を作る為のビタミンDの生成や安眠をもたらす事が出来ないとも言われているよう ですが、それはほんの数分で充分だと言われています。
 やはり過剰に浴びてしまえば”毒”でしかありません。

 

 化粧水・乳液・美容液が1つになった奇跡のゲル・「メディプラスオーダーゲル」定期購入

 

外出時以外にも紫外線予防はできる

 日常生活において紫外線を完全に防ぐ事は困難でしょう。
 しかし、日焼けを防ぐ事やメラニン色素の抑制は簡単に出来ます。
 まずシミに出来るケアというと、外側からのスキンケア、また体内からのインナーケアがあります。その他にも紫外線を物理的にシャットアウトするケア方法はあります。
 物理的なケアというとどのような事をすればいいのか? と、一見疑問さえも発生してしまいますがとても簡単な事です。
 外出時に日傘を差したり帽子を被る事。他にも、部屋に居る際に出来る事というと、ブラインドをかける事や、カーテンを締める事などが挙げられます。
 意外と知られていない事ですが、窓から差し込む紫外線は窓ガラスを媒介して尚強くなります。ですので、『室内だから安全』だとは決して言いきれないのです。

 

行き過ぎた日焼けは病気のモトにも

 確かに褐色の肌は健康的に見えます。その事から過去に『ガングロ』の日焼けブームは起きましたが、現在では自ら肌を焼く事は美容業界では愚の骨頂とも言われています。
 当然、皮膚事態の抵抗力も低下して皮膚ガンなどの皮膚の病気に陥り易くなります。
 肌を荒らす事は簡単ですが、元に戻す事にはとても時間がかかります。
 それは、シミにおいても同じ事が言えるでしょう。出来てしまったシミを自己ケアで無くす事はとても困難です。
 そうなると結論的には、”焼かないこと”や”防ぐこと”の重要性が見えてくるのではないでしょうか。

 

国内唯一の飲んでシミに効く薬とは

シミ予防は化粧品でもできますが、シミを消すことはお薬にしかできません。
第3種医薬品なので、極めて副作用が少ない女性用の保健薬です。

 

更新履歴